ブラックリストでもお金を借りる方法はある?

キャッシング・カードローンでお金を借りたいと考えている人の中には、ブラックリストに載っている人もいらっしゃることでしょう。

しかし、消費者金融や銀行などの貸金業者はブラックの人を避ける傾向がありますので、ブラックリストに載っている人はお金を借りられないと思い込んでいるかもしれません。

たしかにブラックの人はキャッシングやカードローンの審査に落ちる可能性は高いですが、場合によっては審査に通ることもあり得ます。

どうしてもカードローン 審査に通りたいブラックの人は、貸金業者について事前によく調べておくことが大事でしょう。

この記事では、ブラックリストに載っている人がお金を借りる方法はあるのか、様々な側面から解説していきます。

そもそもブラックリストの意味とは?

ブラックリストに載っている人は、一般的にブラックと呼ばれていますが、そもそもブラックリストとはなんなのだろう、と疑問を抱いている人もいらっしゃるでしょう。

ブラックリストは、以下の2種類に分けることができます。

・社内ブラック=対象の貸金業者のブラックリストに載った人
・信用情報機関ブラック=消費者金融・銀行・信販会社等で共有したブラックリストの人

社内ブラックは、対象の貸金業者内でしか通用しないため、他の貸金業者の審査を受ければ問題はありません。

一方、信用情報機関ブラックは、金融業界全般で情報を共有したブラックの人のため、どこのキャッシング業者の審査を受けても落ちる可能性が高いです。

消費者金融や銀行などの貸金業者の審査では、基本的に必ず信用情報機関に審査申込者の情報開示請求を行っており、様々な情報を知ることができます。

信用情報機関の情報の中でも重要視されていることが、現在または過去のキャッシング利用歴で、以下の点を審査担当者はよく確認しています。

・短期間に複数のキャッシング業者の審査に申し込みしていないか
・現在または過去のキャッシングで延滞や滞納を繰り返していないか
・自己破産や個人再生をしていないか

短期間に複数の貸金業者の審査に申し込みしていないか

短期間に複数の貸金業者の審査に申し込みしている人は、「申し込みブラック」と呼ばれています。 短期間に複数社の審査に申し込みしている人は、審査の担当者に「かなりお金に困っている人」「借りるだけ借りて自己破産でもする予定を立てている人」「返済計画を立てていない人」といった風に思われてしまいます。 ただ、申し込みブラックはブラックリストの中でも比較的心配する必要はなく、信用情報機関では6ヶ月後に申し込みブラックの情報を消しています。

現在または過去のキャッシングで延滞や滞納を繰り返していないか

現在または過去のキャッシングで延滞や滞納を繰り返していた人は、信用情報機関のブラックリストの中で重いブラックになります。

消費者金融や銀行などの貸金業者の審査では、延滞・滞納を繰り返す人は非常に嫌われています。

というのも、貸金業者は返済してくれなければ利益を得ることができないため、延滞・滞納のブラックリストの人は審査に落ちる可能性が高いです。

信用情報機関では、延滞・滞納の履歴は最長5年間情報を保有しています。

自己破産や個人再生をしていないか

自己破産や個人再生を行った人は、信用情報機関のブラックリストの中で最も重い部類に属しています。

自己破産や個人再生は、裁判所を経由して返済能力を有していないことを認められた人しかできないため、貸金業者は審査に通す理由がありません。

信用情報機関では、自己破産・個人再生を行った情報を最長10年間保有しています。

以上、信用情報機関のブラックリストに載っている人は、キャッシング業者の審査に通ることは非常に厳しいということを理解していただけたはずです。

また、ブラックリストは上記に紹介した期間を待てば情報は消えますが、社内ブラックに載っている可能性はありますし、ある程度の年齢の人でホワイト(信用情報機関の情報が真っ白の人)はブラックリストから情報が消えた人ではと怪しまれることもあります。

次項では、ブラックリストに載っている人がお金を借りる方法を具体的に紹介します。

ブラックリストの人は消費者金融か?銀行か?

ブラックリストの人は、消費者金融か銀行か、どちらのカードローンの審査を受けるべきでしょうか。

消費者金融と銀行の審査難易度では、圧倒的に銀行のほうが厳しいです。

ホワイトの人ですら銀行の審査は落ちているため、ブラックの人が審査に通ることはまずありません。

一方、消費者金融でも大手消費者金融はブラックの人に厳しい対応をしています。

大手消費者金融は、豊富な資金力から宣伝・広告費に予算を費やすことができるため、毎日たくさんの人が審査に申し込みしてきています。

したがって、返済能力の低いブラックの人を審査に通さなくても、新規顧客を獲得することはそこまで難しくありません。

ここまで銀行や大手消費者金融はブラックの人が審査に通ることは難しいことを説明しましたが、中小消費者金融はいかがでしょうか。

中小消費者金融は、大手消費者金融に比べて知名度は低いため、新規顧客獲得に苦労している実情があります。

ホワイトの人は大手消費者金融や銀行に流れてしまうため、中小消費者金融は多少問題を抱えているブラックの人でも審査に通すことがあります。

ブラックの人は、中小消費者金融の審査を受けることをおすすめします。

ブラックでも審査に通る中小消費者金融はどこ?

中小消費者金融は日本中で数多く営業していますが、ブラックの人でも審査に通るところは少ないです。

以下に、ブラックの人でも審査に通った実績のある中小消費者金融を紹介しておきます。

・キャッシングアロー
・キャッシングエイワ
・フクホー
・キャレント
・ライフティ
・中央リテール
・AZ株式会社
・しんわ
・キャネット

上記の中小消費者金融は、ブラックの人でも審査に通る可能性があります。

ただ、最近は中小消費者金融でも審査は厳しくなりがちのため、審査に通らない人もいらっしゃるようです。

また、一部のサイトでは中小消費者金融は無職でも審査に通ると書かれていますが、この情報は信じないようにしましょう。

というのも、大手・中小に関わらず消費者金融は貸金業法に則って営業を行っています。

貸金業法では、無職の人を対象に融資を行うことを禁じていますし、年収の1/3以上の融資を禁止しています。 ※ただし、専業主婦の人は配偶者貸付制度を利用できます(配偶者が安定した収入を得ている必要があり、同意書等の必要書類を提出しなければなりません)

ブラックOKの広告に騙されて闇金の利用はダメ!

電柱・電話ボックス・ダイレクトメールでブラックOKと明記しているキャッシング業者は、闇金融の確率が非常に高いです。

闇金融はブラックの人でも関係なく貸付していますが、法定外の利息を支払わされる他に恐喝等の犯罪行為に巻き込まれてしまうこともあります。

どれだけお金に困っていても闇金融にだけは手を出さないように注意しましょう。

ブラックリストでもお金は借りられる!まとめ

以上に紹介してきましたとおり、ブラックリストに載っている人でもお金を借りられる可能性はあります。

以下に、この記事で挙げた重要なポイントを簡潔にまとめておきました。

・社内ブラックと信用情報機関ブラックの両方があり、後者は全キャッシング業者が参考にしている
・銀行や大手消費者金融はブラックの人が審査に通りづらい
・中小消費者金融はブラックの人でも審査に通る可能性はある
・闇金融の利用は絶対にしてはいけない